BLOG

第6試合 在アジア日本人フットサルチームNo.1決定戦「F-ASIA2017」の総括

2019年4月28日

F-ASIA

F-ASIA2017について

 

記念すべき第7回目の開催となったF-ASIA2017は、アジア全土の13カ国21都市24チーム約250名の方に参加をして頂くことが出来ました。

 

大会の開会式の際には大会記念Tシャツを着用をし全員で集合写真を撮影することも出来、大会参加者の皆さんとの一体感が生まれたかと思います。

 

F-ASIA2017・前夜祭

 

前夜祭では全24チームの代表者と有志の方々を含め約70名の方にお集まり頂くことが出来ました。金曜日の夕方の開催と言うことで空港からスーツケースを持ったまま会場に現れる方も居たりと、大会運営にご協力を頂き感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

参加者の皆さんが集まられたタイミングでグラスを持って頂き、1年ぶりに皆様と再会が出来たことと今大会の成功を祈りタイビールで乾杯です!

 

 

乾杯の後はホテルに準備をして頂いたタイ料理を中心としたビュッフェにて夕食を食べて頂き、まずはお腹を満たして頂きます。

 

 

みなさんの箸も止まって来たタイミングを見て、いよいよF-ASIA2017の組み合わせ抽選会を開始致します。

 

 

各チームの代表者1名がステージに上がりボックスに入っているボールを引き、組み合わせのグループが決定致します。その後、代表者の方から皆様へ大会への意気込みをスピーチして頂き、前夜祭を盛り上げて頂きました。

 

 

全チームの抽選が終わり、組み合わせの結果をLINEグループなどでチームのみんなに共有をするキャプテンが居たり、明日の大会に向けて作戦をすでに練っているキャプテンが居たり、また、そのままバンコクの夜の街へ消えていくキャプテンが居たりと前夜祭後の過ごし方はチームによって色々な選択肢があるそうです。。。

 

F-ASIA2017・フットサル大会

 

今大会の会場は屋根付き人工芝のフットサルコートが4面あるTC FOOTBALL RAMA3での開催となりました。早朝からの開催ということで少し眠そうな方々も居ましたが、開会式を終えた後には各チームにてウォーミングアップを行って頂き、試合に向けて準備を行います。

 

 

今大会の予選グループは全24チームを4グループに分け、1グループあたり6チームの総当たりで戦います。

 

 

予選の各グループの1&2位は上位トーナメントへ、3&4位は中位トーナメントへ、5&6位は下位トーナメントへ各チーム進み、最終順位を競うこととなります。

 

 

順位決定トーナメン戦はPK戦も導入がされているため、ゴレイロにとって出番も多く緊張感がある試合が続いておりました。

 

F-ASIA2017・懇親会兼表彰式

 

毎年恒例の大会終了後に開催をさせて頂いている懇親会ですが、約260名の方にご参加頂きました。前夜祭同様にタイビールとタイ料理を中心としたビュッフェスタイルの食事でエネルギー補給をまずは行いました。

 

 

食事の後はスムーズに表彰式に移り、24位から順番に順位発表を行い、呼ばれたチームの代表者はステージに上がり大会の感想とご当地土産を抽選形式で渡す人を決め、ステージ上でプレゼント致しました。

 

 

シンガポールチームからは毎年恒例のシンガポール航空のCAさんのコスチュームがプレゼントされており、みんなの試着までさせられておりました。

 

 

優勝チームには、優勝トロフィーと人数分の金メダルを準備している為、代表者のみならず全員にステージに上がって来てもらいました。F-ASIA2017を優勝しました初出場のインドネシアのジャカルタ2チームの皆さん、おめでとうございます!

 

 

素晴らしいプレーで大会を盛り上げて頂いた方々の中から実行委員がベスト5を選出し、表彰をさせて頂き、小さな盾とフットサルボールをプレゼントさせて頂きました。

 

 

最後の表彰は優勝をしたチームの中で最も輝いていた選手が表彰されるMVPということで、ジャカルタチームの寺西さんが選ばれました。大会MVP、おめでとうございます!

 

 

F-ASIA2017・最終結果

 

<チーム成績>

優勝 ジャカルタ2

2位 シェムリアップ

3位 バンコク

4位 プノンペン

5位 ジャカルタ1

6位 広州2

7位 ペナン

8位 マニラ

9位 青島

10位 東京

11位 ビエンチャン

12位 シラチャ

13位 シンガポール2

14位 ホーチミン

15位 クアラルンプール

16位 シンガポール1

17位 華南

18位 デリー

19位 シドニー

20位 上海

21位 深セン

22位 コロンボ

23位 広州1

24位 チェンナイ

 

<個人成績>

MVP     寺西さん(ジャカルタ2)

ベスト5 斎藤さん(バンコク)

ベスト5 川端さん(マニラ)

ベスト5 引地さん(プノンペン)

ベスト5 内田さん(広州2)

ベスト5 DJさん(シェムリアップ)

Koichi Mano

PROFILE